脳のアンチエイジング

脳のアンチエイジング

無農薬有機栽培のフラックスオイル

認知症の予防には、どんな油を摂取するかが非常に重要です。魚の油が良いことは知られていますが、オリーブオイルやフラックスオイルも脳のアンチエイジングに役立ちます。できるだけ病気せず健康に最期まで過ごしたいというのがほとんどの人の共通した願いで...
脳のアンチエイジング

記憶力は何歳からでもよみがえる

認知症は記憶する能力の阻害によって発見されることが多いです。昔のことはよく覚えているのに、最近のことは忘れるというのが、短期記憶の障害ですが、それがどんどん進んでくると、認知症の疑いを持たれます。脳のMRIで、脳梗塞がたくさんできていれば、...
脳のアンチエイジング

脳が若返る生活と食材

いわゆるボケ防止をして認知症になりたくないなら、どんな生活と食材が重要なのでしょうか。認知症の患者数が、2050年までに現在の約3倍に達する可能性があると、国際アルツハイマー病協会の発表がありました。世界中で、認知症の予防についての関心が高...
スポンサーリンク
脳のアンチエイジング

絶対「ボケない脳」を作る7つの実験

きわめて実践的な本で、呼んですぐに役立つ内容です。渡部昇一先生と、医学博士で脳機能の専門家、加藤俊徳先生の対談ですが七つの実践ポイントをあげて、これをわかりやすく解説しています。このポイントをすべて実践している渡部昇一先生を実例としてあげ、...
脳のアンチエイジング

認知症予防にはコリンを摂取

認知症の予防にはコリンという栄養素を含む食材が役立ちます。卵黄や大豆に含まれるコリンは、アセチルコリンなどの脳内物質の材料であり、レシチンの材料でもあります。レシチンは動脈硬化を防止して脳機能を高めます。大豆のほか、えんどう豆、玄米、さつま...
脳のアンチエイジング

アルコールを飲めば脳が縮小する

酒は百薬の長と信じられてきました。しかし、アルコールを飲めば飲むほど脳が縮小するという研究結果が出ています。米マサチューセッツ州のウェルズリー大学の研究チームが、神経学専門誌「Archives of Neurology」で発表した論文による...
脳のアンチエイジング

トランス脂肪

アルツハイマー病をはじめとする、認知症を予防する方法がかなり、はっきりとわかってきています。まず、第一に適度な運動をする人は認知症になりにくいことがわかっています。毎日でなくても、週に二回程度の有酸素運動でも良いとされています。100歳にな...
脳のアンチエイジング

金持ち脳と貧乏脳

茂木健一郎さんといえば、脳科学者としてテレビ出演もされている著名人で、年収もかなりのものを稼いでおられる方として知られています。その、茂木健一郎さんが、お金は脳が稼いでいるという視点で、脳の使い方についてまとめた本です。脳のアンチエイジング...
脳のアンチエイジング

頭のいい人はよく歩く

1932年生まれであり、80歳を過ぎても現役バリバリの学者、教育家、研究所顧問、文筆、講演活動をこなす、久保田競さんの著書です。東京大学医学部を卒後、脳医学を研究し、走ることや歩くことで脳機能が向上する仕組みを解明しました。日本最高権威の脳...
脳のアンチエイジング

脳を鍛えるには運動しかない

生物学的には人間の脳は運動する能力にあわせて、進化していったと考えられています。そうであるなら、運動こそ、脳機能の調整に有効な処方箋です。アメリカのイリノイ州で、朝の授業の前に自由参加の体育をするようにしました。すると参加生徒の学業の成績が...
スポンサーリンク