脳のアンチエイジング

アルコールを飲めば脳が縮小する

酒は百薬の長と信じられてきました。しかし、アルコールを飲めば飲むほど脳が縮小するという研究結果が出ています。米マサチューセッツ州のウェルズリー大学の研究チームが、神経学専門誌「Archives of Neurology」で発表した論文による...
アルツハイマー予防

ウコンはアルツハイマーを予防する

ウコンの成分、クルクミンには、アルツハイマーの原因物質から脳を守る働きがあるということです。ウコンの成分を含有する餌で育てたマウスは、認知症になりにくいこともわかっています。ウコンは、英名ターメリック。カレーの黄色はウコンの黄色です。この黄...
脳のアンチエイジング

トランス脂肪

アルツハイマー病をはじめとする、認知症を予防する方法がかなり、はっきりとわかってきています。まず、第一に適度な運動をする人は認知症になりにくいことがわかっています。毎日でなくても、週に二回程度の有酸素運動でも良いとされています。100歳にな...
スポンサーリンク
脳に刺激を与える方法

50代から始める脳を若返らせる耳トレ

脳機能は年々衰えるというのは間違った理解です。脳機能を刺激せずに、ルーチンワークだけして生活すると、確かに、脳機能はしだいに衰えていきます。しかし、常に脳に適切な刺激を与えるような生活習慣を維持していけば、脳の若さを保つことができるのです。...
脳のアンチエイジング

金持ち脳と貧乏脳

茂木健一郎さんといえば、脳科学者としてテレビ出演もされている著名人で、年収もかなりのものを稼いでおられる方として知られています。その、茂木健一郎さんが、お金は脳が稼いでいるという視点で、脳の使い方についてまとめた本です。脳のアンチエイジング...
脳のアンチエイジング

頭のいい人はよく歩く

1932年生まれであり、80歳を過ぎても現役バリバリの学者、教育家、研究所顧問、文筆、講演活動をこなす、久保田競さんの著書です。東京大学医学部を卒後、脳医学を研究し、走ることや歩くことで脳機能が向上する仕組みを解明しました。日本最高権威の脳...
脳のアンチエイジング

脳を鍛えるには運動しかない

生物学的には人間の脳は運動する能力にあわせて、進化していったと考えられています。そうであるなら、運動こそ、脳機能の調整に有効な処方箋です。アメリカのイリノイ州で、朝の授業の前に自由参加の体育をするようにしました。すると参加生徒の学業の成績が...
記憶力

記憶力をアップする脳のコントロール

脳の中でも大脳辺縁系には、報酬系というシステムがあります。これは、ご褒美が得られるから、もっと頑張ろうという行動を生み出す原始的な働きです。簡単な作業をして小さな成功体験を得ると、うれしくなって、さらにやる気がでますが、これが報酬系の働きで...
記憶力

記憶力をアップする

入力した情報は音読のような方法で出力することが大切です。声として外部に情報を出すことで記憶が定着します。脳のアンチエイジングのためには、昼間活動し、夜は休息するという生活リズムを守ることが重要です。人間は体内時計があり、明るいときに活動を活...
脳年齢

脳年齢は神経細胞の状態で決まる

大脳は数百億個の神経細胞からできあがっていて、神経細胞は大脳新皮質に特に集中しており、約140億個もの神経細胞が結集しています。神経細胞(ニューロン)には、軸索と樹状突起という触手がついていて、互いに結びつくことで、ネットワークをつくります...
スポンサーリンク