アルツハイマー型認知症

アルツハイマー予防

睡眠と認知症や病気との関係

夜に眠れないからと日中に一時間以上も昼寝をしていると、アルツハイマー型認知症にかかるリスクが高まることがわかっています。その反対に、30分程度の昼寝では、アルツハイマー型認知症にかかるリスクは五分の一にまで減少することもわかっています。 ...
記憶力

海馬や前頭葉の機能低下で脳の老化が進む

脳のアンチエイジングの鍵を握る海馬や前頭葉は、生活習慣や生活環境によって大きな影響を受けます。 たとえば、よく噛むことは脳への血流を増加させます。咀嚼は脳機能の低下を防ぐために重要なのです。 記憶力を維持させるためには一口30回かむ習慣...
アルツハイマー予防

動脈硬化はアルツハイマーの危険因子

動脈硬化をもたらす生活習慣をしていませんか?動脈硬化は、アルツハイマー型認知症を引き起こしやすいことがわかっています。脳内の血流が低下すると、アルツハイマー型認知症を起こす原因、アミロイドβたんぱくが、沈着しにくいということなのです。食材と...
脳のアンチエイジング

記憶力は何歳からでもよみがえる

認知症は記憶する能力の阻害によって発見されることが多いです。昔のことはよく覚えているのに、最近のことは忘れるというのが、短期記憶の障害ですが、それがどんどん進んでくると、認知症の疑いを持たれます。脳のMRIで、脳梗塞がたくさんできていれば、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました