脳機能

脳機能を阻害するアレルギー物質

アトピー性皮膚炎の治療では除去食といって、牛乳を避けたり、卵を避けたり、アレルギーを引き起こす原因の物質を食材から取り除くことをします。これらの物質をアレルゲンともいいますが、アレルゲンの検査は多くは血液検査や皮膚パッチテストで行われていま...
脳機能

脳機能を著しく低下させる化学物質とは

シックハウス症候群の症状は、アレルギー疾患の種々の症状を包含しています。もっとも多いのはアトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、気管支喘息です。アレルギー性鼻炎や関節炎、そして腰痛や膝痛などの痛み。アレルギー性腸炎や慢性疲労症候群、倦怠感、頭...
アレルギー

アレルギー体質と食品や化学物質の関係

アレルギーを引き起こす直接の原因物質は、花粉であったり、PM2.5や、ハウスダストであったり、そして黄砂であったり、乳製品や卵かもしれません。しかし、その反応を助長させている背後にある膨大な種類の有害な化学物質に目をむけて、それを日常生活か...
スポンサーリンク
認知症予防

花粉症や風邪、認知症の予防にもビタミンD

花粉症のように春季や秋季に季節性に悪化する鼻炎や結膜炎などのアレルギー症状に対して、通年性のアレルギーも存在しています。花粉症などは何年か経過するうちに通年性アレルギー性鼻炎なっていくこともあります。その場合には、アレルギー検査では、スギや...
アンチエイジング

自然栽培の世界と無農薬栽培

家庭菜園に取り組む人々が幅広い世代で増加しています。関連業界も活況で、農機や殺虫剤の売り上げも伸びたそうです。安全で安心な食品を求める心が家庭菜園の増加につながったのであれば、農薬関連の売上は低下しなければおかしいです。市民農園といって10...
脳機能

健康を阻害する危険な食材

コンビニなどで売られているサンドイッチやおにぎり、弁当などのコンビニ食材を食べることは肉体の老化を早める可能性があります。なぜなら、これらの商品には、大量の合成保存料、PH調整剤、亜硝酸ナトリウム、硝酸塩などの有害な化学成分、そして香料など...
脳機能

小麦のグルテンは脳や血管や免疫の働きを悪くする

小麦のグルテンは有害であるとの研究結果がいろいろな専門家によって発表されています。遺伝子組み換え食品の小麦の健康に対する有害作用について、多くの人が知るところとなって久しいですが、すでにその有害な小麦をわたしたちが口にしているとしたら、恐ろ...
認知症予防

増加するビタミンD欠乏症と認知症の関係

日光浴すると皮下で合成されるのがビタミンDですがきのこなどの食材からもビタミンDを摂ることができます。ビタミンDには、神経細胞を成長させる作用があるようです。アメリカでの研究データでは、平均年齢75歳の高齢者では、ビタミンDが不足していると...
認知症予防

ビタミンDと認知症

ビタミンDが欠乏していると、認知機能低下や認知症を起こしやすいことがわかっています。また、花粉症の人がビタミンDを補充すると症状が軽減します。日光に十分にあたる人には、認知症や、花粉症などのアレルギーが少ないということです。日光にあたるとビ...
アンチエイジング

脳の健康のためには小麦は食べないほうがいい

パンなどの小麦食品をやめて、おにぎりを食べるほうがよほど健康によいです。遺伝子操作でつくられた異常な小麦を すでに日本人は食べさせられています。アメリカでは2億人が小麦食品を食べ、1億人以上の肥満、 糖尿病、心臓、皮膚などの疾患になっていま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました