kam

認知症予防

増加するビタミンD欠乏症と認知症の関係

日光浴すると皮下で合成されるのがビタミンDですがきのこなどの食材からもビタミンDを摂ることができます。ビタミンDには、神経細胞を成長させる作用があるようです。アメリカでの研究データでは、平均年齢75歳の高齢者では、ビタミンDが不足していると...
認知症予防

ビタミンDと認知症

ビタミンDが欠乏していると、認知機能低下や認知症を起こしやすいことがわかっています。また、花粉症の人がビタミンDを補充すると症状が軽減します。日光に十分にあたる人には、認知症や、花粉症などのアレルギーが少ないということです。日光にあたるとビ...
アンチエイジング

脳の健康のためには小麦は食べないほうがいい

パンなどの小麦食品をやめて、おにぎりを食べるほうがよほど健康によいです。遺伝子操作でつくられた異常な小麦を すでに日本人は食べさせられています。アメリカでは2億人が小麦食品を食べ、1億人以上の肥満、 糖尿病、心臓、皮膚などの疾患になっていま...
スポンサーリンク
脳機能

脳機能と交感神経、副交感神経

交感神経と副交感神経は相補的に働いています。副交感神経を優位にすることで寿命を延ばし、アレルギー疾患も改善します。自律神経には交感神経と副交感神経があります。自律神経の働き具合と免疫力には深い関係があります。免疫力は白血球が担当していますが...
アンチエイジング

認知症も腰痛も予防するには歯を守る

歯のかみ合わせと腰痛には関係があります。歯のかみ合わせが悪いと、背骨の歪みを生じて、腰痛になりやすくなります。そのため、歯のかみ合わせが悪い人は、かみ合わせを改善する技術をもつ歯科医で歯の矯正をすることをおすすめします。かみ合わせが悪いと咀...
脳機能

脳に有害なネオニコチノイド系農薬

ネオニコチノイドと呼ばれる農薬が急速に普及しています。そして、この農薬による被害が増えてきています。ネオニコチノイド系農薬は、人間の脳神経に悪影響を与えます。これは一世代前の農薬である有機リン系農薬となんら変わるものではありません。有機リン...
アンチエイジング

アンチエイジングは島根県を参考に

健康長寿するには、島根県の人々の食生活が参考になります。世界では、サルデーニャ島の暮らしです。これは地中海に浮かぶ小島ですが、人口に占める100才以上の割合が高く、地中海料理が健康長寿に良いという話の根拠にもされています。日本では、10万人...
アンチエイジング

アンチエイジングには糖化を防止する 

アンチエイジングには糖化を防止することが大切です。糖化とは細胞に糖質が結びつく現象です。糖尿病および糖尿病予備軍が増加しています。血液中の血糖値が上昇することは、血管の老化を促進するだけではありません。高血糖が続くと、ブドウ糖とある種のアミ...
耳鳴り

耳鳴りの改善はアンチエイジングにつながる

耳は老化と密接に関連していると東洋医学では考えられてきました。漢方医学で使われるハチの子も八味地黄丸も耳鳴りに効果がある生薬です。蜂の子は、単独で、耳鳴りを含めた老化現象に対し予防的に働き、アンチエイジングにつながる成分です。八味丸つまり、...
耳鳴り

耳鳴りと八味丸、耳は老化と密接に関連

耳鳴りという症状は、老化現象と密接に関連し、肉体が老化していくことで耳鳴りは、起こりやすくなります。その代表が、加齢性の感音性難聴です。加齢にともなって、誰でも感音性難聴になっていく傾向にありますが、人によってそれが早く進む人と、ゆっくりと...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました