アンチエイジング

自然栽培の世界と無農薬栽培

家庭菜園に取り組む人々が幅広い世代で増加しています。関連業界も活況で、農機や殺虫剤の売り上げも伸びたそうです。安全で安心な食品を求める心が家庭菜園の増加につながったのであれば、農薬関連の売上は低下しなければおかしいです。市民農園といって10...
脳機能

健康を阻害する危険な食材

コンビニなどで売られているサンドイッチやおにぎり、弁当などのコンビニ食材を食べることは肉体の老化を早める可能性があります。なぜなら、これらの商品には、大量の合成保存料、PH調整剤、亜硝酸ナトリウム、硝酸塩などの有害な化学成分、そして香料など...
脳機能

小麦のグルテンは脳や血管や免疫の働きを悪くする

小麦のグルテンは有害であるとの研究結果がいろいろな専門家によって発表されています。遺伝子組み換え食品の小麦の健康に対する有害作用について、多くの人が知るところとなって久しいですが、すでにその有害な小麦をわたしたちが口にしているとしたら、恐ろ...
スポンサーリンク
認知症予防

増加するビタミンD欠乏症と認知症の関係

日光浴すると皮下で合成されるのがビタミンDですがきのこなどの食材からもビタミンDを摂ることができます。ビタミンDには、神経細胞を成長させる作用があるようです。アメリカでの研究データでは、平均年齢75歳の高齢者では、ビタミンDが不足していると...
認知症予防

ビタミンDと認知症

ビタミンDが欠乏していると、認知機能低下や認知症を起こしやすいことがわかっています。また、花粉症の人がビタミンDを補充すると症状が軽減します。日光に十分にあたる人には、認知症や、花粉症などのアレルギーが少ないということです。日光にあたるとビ...
アンチエイジング

脳の健康のためには小麦は食べないほうがいい

パンなどの小麦食品をやめて、おにぎりを食べるほうがよほど健康によいです。遺伝子操作でつくられた異常な小麦を すでに日本人は食べさせられています。アメリカでは2億人が小麦食品を食べ、1億人以上の肥満、 糖尿病、心臓、皮膚などの疾患になっていま...
脳機能

脳機能と交感神経、副交感神経

交感神経と副交感神経は相補的に働いています。副交感神経を優位にすることで寿命を延ばし、アレルギー疾患も改善します。自律神経には交感神経と副交感神経があります。自律神経の働き具合と免疫力には深い関係があります。免疫力は白血球が担当していますが...
アンチエイジング

認知症も腰痛も予防するには歯を守る

歯のかみ合わせと腰痛には関係があります。歯のかみ合わせが悪いと、背骨の歪みを生じて、腰痛になりやすくなります。そのため、歯のかみ合わせが悪い人は、かみ合わせを改善する技術をもつ歯科医で歯の矯正をすることをおすすめします。かみ合わせが悪いと咀...
脳機能

脳に有害なネオニコチノイド系農薬

ネオニコチノイドと呼ばれる農薬が急速に普及しています。そして、この農薬による被害が増えてきています。ネオニコチノイド系農薬は、人間の脳神経に悪影響を与えます。これは一世代前の農薬である有機リン系農薬となんら変わるものではありません。有機リン...
アンチエイジング

アンチエイジングは島根県を参考に

健康長寿するには、島根県の人々の食生活が参考になります。世界では、サルデーニャ島の暮らしです。これは地中海に浮かぶ小島ですが、人口に占める100才以上の割合が高く、地中海料理が健康長寿に良いという話の根拠にもされています。日本では、10万人...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました