耳鳴り

ハチの子と耳鳴り

耳鳴りや難聴などに漢方ではハチの子を使います16世紀後半に書かれた漢方の古典『本草綱目』に、「蜂の子は、全身を若返らせる」と書かれています。滋養強壮に広く使える動物生薬だったのです。漢方においては、蜂の子は特に耳に関連するトラブルによく効能...
脳機能

脳機能と眼精疲労や目の疾患

脳機能改善によいと言われるEPAやDHAを摂る場合も医療用のものは効き目が強すぎるので、歯科で抜歯する場合にも、併用している薬剤によっては一週間ほど内服をとめてから、抜歯をしたりするほどです。医療用の製剤を飲んでいると、網膜裂孔や、網膜剥離...
アンチエイジング

睡眠と脳機能や内分泌の関係

睡眠が不足すると脳機能は低下します。睡眠は、脳だけでなく全身のメインテナンスのために重要です。成長ホルモンは、眠り始めに分泌が増大し、夜間に細胞の修復などの若返りを行っています。肉体の老化が進むのは、成長ホルモンの分泌が低下するからであり、...
スポンサーリンク
アルツハイマー予防

睡眠と認知症や病気との関係

夜に眠れないからと日中に一時間以上も昼寝をしていると、アルツハイマー型認知症にかかるリスクが高まることがわかっています。その反対に、30分程度の昼寝では、アルツハイマー型認知症にかかるリスクは五分の一にまで減少することもわかっています。 ...
脳機能

脳機能を低下させる睡眠負債とは?

物忘れやうっかりミスの原因は睡眠負債かもしれません。あなたが太りやすい原因も「睡眠負債」かもしれません。「睡眠負債」とは、わずかな睡眠不足がしだいに蓄積されていく状態です。脳機能の低下のほか、さまざまな問題をひきおこします。あなたが20代か...
脳機能

脳内ホルモンと脳機能

脳内ホルモンの分泌は脳機能に大きな影響があります。うつ病や不安神経症、パニック障害を持つ人は、脳内ホルモンの状態に偏りがあります。メンタルを病んでいるときには、幸福感があまり感じられなくなっています。この幸福感の正体は、脳内ホルモンです。幸...
脳機能

脳疲労になるとミスが増える

脳機能は、強いストレスにさらされると脳疲労が起こり、低下しはじめます。ノルアドレナリンというホルモンは脳の注意力を高め脳機能をアップさせる働きがありますが、もし、強いストレスがかかり続けると、常に分泌されるので、枯渇してきます。またストレス...
脳機能

脳疲労が取れるマインドフルネスと睡眠

十分に寝たはずなのに疲れが取れないのは脳疲労が原因かもしれません。睡眠負債とは睡眠不足の意味ですが、睡眠をとっても脳疲労が残るのは、DMNと呼ばれる脳の過活動が原因なのです。マインドフルネスの基本を身につけ、脳の過活動を緩和すると寝つきがよ...
認知症予防

認知機能に関係する老化の原因オステオポンチン

オステオポンチンは骨の形成に関与するタンパク質ですが、認知機能が低下している人では、血液の中に含まれるオステオポンチンの量が多くなっています。老化が進行するほど、オステオポンチンが増えていることが判明し、世界中の研究者が注目しています。認知...
認知症予防

認知症予防の奇跡の成分スペルミジン

認知症予防と長寿に重要な役割を果たしているスペルミジンという成分に注目が集まっています。納豆や味噌、豆類などに含まれ、学習機能や記憶力を高めるという内容が、「オートファジー」という学術雑誌などにも研究成果が報告されている脳アンチエイジング成...
スポンサーリンク