アルツハイマー予防

睡眠と認知症や病気との関係

夜に眠れないからと日中に一時間以上も昼寝をしていると、アルツハイマー型認知症にかかるリスクが高まることがわかっています。その反対に、30分程度の昼寝では、アルツハイマー型認知症にかかるリスクは五分の一にまで減少することもわかっています。 ...
脳機能

脳機能を低下させる睡眠負債とは?

物忘れやうっかりミスの原因は睡眠負債かもしれません。あなたが太りやすい原因も「睡眠負債」かもしれません。「睡眠負債」とは、わずかな睡眠不足がしだいに蓄積されていく状態です。脳機能の低下のほか、さまざまな問題をひきおこします。あなたが20代か...
脳機能

脳内ホルモンと脳機能

脳内ホルモンの分泌は脳機能に大きな影響があります。うつ病や不安神経症、パニック障害を持つ人は、脳内ホルモンの状態に偏りがあります。メンタルを病んでいるときには、幸福感があまり感じられなくなっています。この幸福感の正体は、脳内ホルモンです。幸...
スポンサーリンク
脳機能

脳疲労になるとミスが増える

脳機能は、強いストレスにさらされると脳疲労が起こり、低下しはじめます。ノルアドレナリンというホルモンは脳の注意力を高め脳機能をアップさせる働きがありますが、もし、強いストレスがかかり続けると、常に分泌されるので、枯渇してきます。またストレス...
脳機能

脳疲労が取れるマインドフルネスと睡眠

十分に寝たはずなのに疲れが取れないのは脳疲労が原因かもしれません。睡眠負債とは睡眠不足の意味ですが、睡眠をとっても脳疲労が残るのは、DMNと呼ばれる脳の過活動が原因なのです。マインドフルネスの基本を身につけ、脳の過活動を緩和すると寝つきがよ...
認知症予防

認知機能に関係する老化の原因オステオポンチン

オステオポンチンは骨の形成に関与するタンパク質ですが、認知機能が低下している人では、血液の中に含まれるオステオポンチンの量が多くなっています。老化が進行するほど、オステオポンチンが増えていることが判明し、世界中の研究者が注目しています。認知...
認知症予防

認知症予防の奇跡の成分スペルミジン

認知症予防と長寿に重要な役割を果たしているスペルミジンという成分に注目が集まっています。納豆や味噌、豆類などに含まれ、学習機能や記憶力を高めるという内容が、「オートファジー」という学術雑誌などにも研究成果が報告されている脳アンチエイジング成...
脳機能

糖質制限のやりすぎは脳機能低下をまねく

無理なダイエットのためにかえって体脂肪率が上昇することがあります。これは飢餓状態を脳が自覚して、飢餓に備えるための反応が引き起こされるのが原因です。この反応がおきると、交換神経の働きが低下し、体脂肪の代謝が減少します。そして低体温、冷え性、...
脳機能

うつ病と低血圧と脳機能の関係

脳機能が低下した状態になりやすい病気のひとつが、うつ病です。低血圧の患者は、しばしば、うつ病と誤診されます。これは、うつ病の診断基準とされる諸項目の多くが、低血圧患者の諸症状と重なることが原因です。これは、低血圧とうつ病が同じ病気であるとい...
アルツハイマー予防

ココナッツオイルはアルツハイマーを予防し緑内障にも良い

ココナツオイルは認知症を予防したり高眼圧を改善したりすることが判明してきています。ココナツオイルを摂取していると、眼圧が下がってきたというケースがあるそうです。これは、認知症の予防に効果が高いとされるココナッツオイルを健康のために摂取してい...
スポンサーリンク