脳機能

糖質制限のやりすぎは脳機能低下をまねく

無理なダイエットのためにかえって体脂肪率が上昇することがあります。これは飢餓状態を脳が自覚して、飢餓に備えるための反応が引き起こされるのが原因です。この反応がおきると、交換神経の働きが低下し、体脂肪の代謝が減少します。そして低体温、冷え性、...
脳機能

うつ病と低血圧と脳機能の関係

脳機能が低下した状態になりやすい病気のひとつが、うつ病です。低血圧の患者は、しばしば、うつ病と誤診されます。これは、うつ病の診断基準とされる諸項目の多くが、低血圧患者の諸症状と重なることが原因です。これは、低血圧とうつ病が同じ病気であるとい...
アルツハイマー予防

ココナッツオイルはアルツハイマーを予防し緑内障にも良い

ココナツオイルは認知症を予防したり高眼圧を改善したりすることが判明してきています。ココナツオイルを摂取していると、眼圧が下がってきたというケースがあるそうです。これは、認知症の予防に効果が高いとされるココナッツオイルを健康のために摂取してい...
スポンサーリンク
認知症予防

筋肉から出るマイオカインが認知症を予防

骨格筋を鍛えることで分泌されるさまざまなホルモン類似物質の総称マイオカイン。筋肉を鍛えると、その分泌が増えて、認知機能を改善させたり、アルツハイマー病を予防したり、うつ病やストレスの緩和にも有益であることがわかってきています。 ...
脳機能

脳機能とセロトニン、メラトニンの作用

脳の働きはさまざまなホルモンの影響を受けています。 メラトニンというホルモンは、夕方に暗くなった頃から分泌量が増えてきて、 夜になって完全に真っ暗になると分泌がさらに増加します。 するとメラトニンの働きによって、眠気が発生します。メラ...
脳機能

脳機能を高める食材と脳に有害な食材

褐色脂肪細胞を唐辛子の摂取で活性化させると運動なしでやせることがわかっています。 しかし、唐辛子の成分であるカプサイシンは脳機能にはストレスになる可能性があります。 運動をしないでもやせる方法があるとしたら、それは褐色脂肪細胞の活性化以...
記憶力

海馬や前頭葉の機能低下で脳の老化が進む

脳のアンチエイジングの鍵を握る海馬や前頭葉は、生活習慣や生活環境によって大きな影響を受けます。 たとえば、よく噛むことは脳への血流を増加させます。咀嚼は脳機能の低下を防ぐために重要なのです。 記憶力を維持させるためには一口30回かむ習慣...
認知症予防

認知症予防には脳にとって危険な油を避ける

マーガリン、ショートニング、ファットスプレッドの有害性についてご存知ですか? パンにマーガリンをつけて食べている人はすぐにやめたほうがよいです。 マーガリンにはトランス脂肪酸という有害な油が含まれているからです。 ショートニングに関し...
脳のアンチエイジング

オメガ3脂肪酸とDHEAと脳のアンチエイジング

オメガ3脂肪酸は、油分の一種であり、脳のアンチエイジングに重要な健康成分です。 これとは反対に避けるべき油分はトランス脂肪です。 トランス脂肪は、マーガリンやショートニング、カップラーメンなどの インスタント食品に含有されています。 ...
認知症予防

卵黄のコリンやレシチンは認知症予防に有益

脳の若返りや認知症予防には、食材を工夫することも大事なことです。 卵黄にはレシチン、コリンといった認知症予防に有益な栄養素が 豊富に含まれています。卵黄レシチンは、脳の機能を高めるとの 研究が古くからおこなわれています。鶏卵、うずら卵...
スポンサーリンク