脳機能を著しく低下させる化学物質とは

シックハウス症候群の症状は、アレルギー疾患の種々の症状を包含しています。もっとも多いのはアトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎、気管支喘息です。アレルギー性鼻炎や関節炎、そして腰痛や膝痛などの痛み。アレルギー性腸炎や慢性疲労症候群、倦怠感、頭痛、めまい、記憶力や思考力も低下させ、脳機能を全体的に低下させてしまいます。子供の場合は脳への悪影響から、情緒不安定や多動などの症状が出ることもあります。

シックハウス症候群による脳機能低下を改善させるには掃除と空気清浄機

部屋の中や廊下を丁寧に掃除して、ハウスダストを除去するだけでもアレルギー症状が改善することは多いです。化学物質だけではなく、ハウスダストに反応している場合には、特に有効です。家の中にあるホコリやチリは、シックハウスの原因物質を吸着したまま落ちていますので、掃除することで、ハウスダストとともに有害化学物質が吸い込まれることを防止します。空気中にただよっている化学物質に対しては、フォトエコロジーのような光触媒をつかった空気清浄機で除去することをおすすめします。ファンのない自然対流式でゆるやかな対流が起こり、光触媒が有害ガスを高効率に分解します。シックハウスの家の空気をクリーンにする特殊設計で8畳から24畳まで対応できます。

PM2.5によるアレルギー性皮膚炎や鼻炎も増えている

pm2.5による皮膚搔痒症やアレルギー性鼻炎も増えてきています。花粉症 やアレルギー性鼻炎ではクロスプラズマイオンの空気清浄機が室内にあるとかなり有害物質を除去することができるようです。花粉による鼻炎も化学物質によるものも、青みかんに含まれるヘスペリジンは抑えてくれます。近大の農学部と薬学部が研究開発した青みかんは体内環境に即効性があり、鼻炎の鼻水やくしゃみ、そして咳なども抑え皮膚炎にもいいようです。青みかんは副作用なしなので、ありがたいところです。中国の野放図な公害汚染で日本に飛来してくる汚染された黄砂やPM2.5で、皮膚掻痒症やアレルギー性鼻炎や、気管支喘息が急増しています。黄砂やPM2.5を防御できるマスクは限られていますが、それとあわせて、青みかんで、体内の防御力を高めることです。青みかんで黄砂のアレルギーも症状が緩和されているようです。マスクを使うなら、PM2.5対応のマスクがおすすめです。

ヘスペリジンの豊富なミカンの白いスジの部分や青蜜柑を活用

青みかんにだけ含まれるヘスペリジンは、摂取すると、体の中でアレルギー反応を抑えることが近畿大学薬学部などの研究で明らかになっています。医薬品と違い、副作用もないサプリメントで同時に青みかんのビタミンやカロチンも摂取でき成人病対策としてもいいものです。アンチエイジングに役立つビタミンCやカロチンを含み、アレルギー性鼻炎や花粉症やアトピー性皮膚炎、アレルギー性皮膚炎などの人に良いかもしれません。ヘスペリジンはミカンの白いスジの部分にも含まれているので、ミカンを食べる時に白いスジを除去せずに食べるのも良い方法です。

シックハウスと化学物質への対処法

すでに新築の家に住んでいる場合にシックハウス症候群の症状が現れたら、空気清浄機を駆使して、有害物質をできるだけ除去しましょう。空気清浄機の機種によって性能は違いますが、できるだけ高性能のものを使うようにしましょう。しかし、通常は、空気清浄機のみで完全には有害物質は除去できません。吸着剤を併用するなど、より強力に除去する工夫は必要です。症状が重篤であれば、各部屋に空気清浄機を配置して、フル稼働させる必要があります。シックハウスをおこす建材は揮発性に有害物質が発散するため空気清浄機の効果は一時的なものでしかなく、スイッチを切れば、たちまち効果がなくなります。そのため、常時、空気清浄機を茶道させておく必要があります。空気清浄機以外には、カーテンの素材が吸着剤の機能をもっているものがあります。また木炭や竹炭も補助的に使うことができます。室内に観葉植物を置いておくと、空気の浄化の効果があります。観葉植物の種類としては、サンスベリアという観葉植物が特に空気を浄化する能力が高いことがわかっています。

経皮毒を摂取しないように食生活、環境を整える

経皮毒の蓄積が心配な場合に、蓄積したものをどうやって排出するか、その方法はいくつかあります。いくつかの方法で蓄積された毒素を排出します。もっとも効果的な方法は、断食です。断食といってもミニ断食でも効果があります。果物のみを食べる半断食でも大丈夫です。人間は、空腹状態でいると、老廃物の排出作用が促進されます。飢餓状態が内分泌作用に刺激を与えて、体内に蓄積された経皮毒成分も少しずつ、体外へ排出されます。人間は夜間の就寝中に、体内の浄化の機能が最大限に発揮されます。そのため朝に目覚めた後、いきなりたくさん食事をとると、せっかくの浄化の機能がそこで中断してしまいます。そこで、デトックスを効果的にするには、午前中にはできるだけ軽度な飲食におさえて、まだ継続されている排泄の働きを妨げないようにするのです。午前中には軽度な飲食に抑え、体内のデトックス作用を高めるのです。そのために役立つのが、野菜ジュースや果物ジュースです。そのほか、週末断食という方法が簡単です。土日を使って、水分と果物だけを食べ、消化器官を休ませる方法です。完全な断食はそれなりのリスクもありますが、半断食であれば誰でも簡単に実践ができます。

あわせて読みたい関連記事:

タイトルとURLをコピーしました