記憶力

記憶力

海馬や前頭葉の機能低下で脳の老化が進む

脳のアンチエイジングの鍵を握る海馬や前頭葉は、生活習慣や生活環境によって大きな影響を受けます。 たとえば、よく噛むことは脳への血流を増加させます。咀嚼は脳機能の低下を防ぐために重要なのです。 記憶力を維持させるためには一口30回かむ習慣...
記憶力

脳の寿命は120年で海馬は80代でも成長できる

オランダで115歳で亡くなった女性の脳を解剖したところ、脳機能は、 ほとんど劣化せず健康であったことが報告されました。 この女性は死の直前まで健康であったのです。加齢により身体は衰えるが脳は、 ほとんど衰えないということが次第にわかっ...
記憶力

歩きながら本を読むとシータ波が出て記憶力が高まる

記憶力を40歳以降も高く維持する方法はあるでしょうか。 大脳辺縁系にある海馬を上手に活性化させることで記憶力は40歳以降も 向上させていくことができるようです。 海馬を活性化させるには脳波の中でもシータ波と呼ばれる脳波を出すことが重要...
記憶力

「ボケない脳」を作る

脳科学者で医師の加藤俊徳先生と、英語学者の渡部昇一先生の対談形式の本。どうすれば、ボケない脳を作れるのか。脳科学者として脳のMRI画像の研究を重ね、「脳番地」の概念を提唱する加藤医師は80歳になってもまったく衰えのない渡部昇一先生の脳MRI...
記憶力

記憶力をアップする脳のコントロール

脳の中でも大脳辺縁系には、報酬系というシステムがあります。これは、ご褒美が得られるから、もっと頑張ろうという行動を生み出す原始的な働きです。簡単な作業をして小さな成功体験を得ると、うれしくなって、さらにやる気がでますが、これが報酬系の働きで...
記憶力

記憶力をアップする

入力した情報は音読のような方法で出力することが大切です。声として外部に情報を出すことで記憶が定着します。脳のアンチエイジングのためには、昼間活動し、夜は休息するという生活リズムを守ることが重要です。人間は体内時計があり、明るいときに活動を活...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました