何歳になっても脳は鍛えられる

脳の潜在力を引き出すのに最適な年齢を知っていますか?その最初は乳幼児期から9歳までですが、成人した後での大きなターニングポイントは実は40才なのです。40才を過ぎたあたりから、思考系の脳機能が完成期に入ってきます。なので、この時期に、適切な刺激を与えると脳機能は飛躍的に高まるのです。運動系や感覚系の脳機能は加齢によって低下するのですが、分析力や理解力はどんどん高まります。つまり、脳とは、年齢によってその中心となる機能を入れ替えながら、成長し続けていて、脳細胞もむしろ増えていることがわかってきているのです。

スポンサーリンク

67歳が司法試験に合格できる理由

例えば、38才で司法試験に合格した菊間千乃さんは、フジテレビを退社し、二度目のチャレンジで難関の司法試験に合格していますが、そのとき、67歳でも司法試験に合格した人がいるという話をきいて、脳はいくつになっても成長するのだと確信したといいます。脳のアンチエイジングというとき、それは大脳の機能のことをさしています。大脳の老化防止こそが、脳の若返りの中心です。大脳の機能は年齢とともに感覚系から発達し、運動系が完成し、そして思考系が最後に発達します。その思考系の完成は実は40代以降であることがわかってきたのです。年齢を重ねても、脳は成長することをまず理解しましょう。

あわせて読みたい関連記事:

コメント