蒸留水健康法とアンチエイジング

蒸留水がもっともアンチエイジングに適している

この考え方の創始者は、アメリカ人のブラウン・ランドーン博士です。
幕末に生まれた医師ですが、

蒸留水を飲む健康法を推奨して、みずから実践しておりました。
その結果、ランドーン医師は、98歳までの長寿をまっとう、
しかも、死の間際まで、50代にしか見えなかったそうです。

ランドーン医師が診療した患者も、この蒸留水を飲む健康法を
実践した人たちはみな長寿を実現したのです。

蒸留水がなぜ、このようなアンチエイジングの効果があるのか、
それはデトックス効果によるものだとされています。

デトックスを行うとアンチエイジングの効果が最大に

これは血管の老化を防止することと関係しています。
血管の老化とは、血管の壁に石灰化がおきたり、脂肪分が沈着したり
することでおこる動脈硬化という状態です。

蒸留水にはこの動脈硬化を改善する働きがあるようなのです。
蒸留水が体内に吸収されるとまず、血液の中を通過します。
このとき、血液の流れる血管の壁を、蒸留水が掃除するのです。

つまり、蒸留水の中に、血管壁についている有害ミネラルなどの成分が
溶けて、取り込まれるという現象が起こるようなのです。

すると、毎日、蒸留水を飲んでいる人であれば、
少しずつ血管壁がきれいに掃除され、若返ることは創造できます。
これが年月をかけて全身に起こるとしたら、その効果は
脳機能の維持や向上の面からも、すばらしいものになるはずです。

ランドーン博士は、自分自身でそれを証明し、医師として患者でも
それを証明したといえるでしょう。
では、どうやって、蒸留水を毎日作るのでしょうか?

ペットボトルの蒸留水を購入し続けるのでしょうか?
いえ、違います。自宅で簡単に蒸留水は作れます。
蒸留水精製器を使えばよいのです。

そんなものは高額ではないかと思われる方もいるかと思います。
たしかに少し前まで十万円ぐらいの値段のものしかありませんでした。
ところが、最近、その三割以下の値段の蒸留水精製器が入手できるようになりました。




メガホーム社製・蒸留水器<メガキャット>

あわせて読みたい関連記事:

タイトルとURLをコピーしました