思考パターンを変えると、うつ病でも治る

心の思考パターンを変えるメンタルセラピーを提唱する精神科医、宮島医師の著書です。精神科医の立場で、現在の薬物に依存した精神科医療を批判されている勇気ある方です。こういう医師がこれからどんどん日本でも増えるでしょう。そういう流れにあります。そして、日本の精神科医療も変わっていくはずです。心の在り方、思考のクセとは、幼児期からの思い込みの観念による人生脚本や、禁止令などのマイナスの暗示ですね。こういうマイナス暗示にかかっている人は、否定的な思考様式が特徴です。ダメだ、できない、無理だという思考が目立ちます。

スポンサーリンク

思考様式と脳機能

それがメンタルの不調の原因になっています。無理だと考えてしまうと、潜在意識はそれを証明しようとします。なので、その事柄は、絶対に無理になってしまいます。 どんなことでも「私には不可能、無理」と考えることだけはやめましょう。うつ病も治ります。 今の自分には無理そうな印象があっても、「ひょっとしたら私にもできるかもしれない」 と考えるようにしましょう。


医者なし薬なしでいつの間にか「うつ」が消える本

あわせて読みたい関連記事: