認知症

脳年齢

記憶力を鍛え脳年齢を若返らせる方法

脳には、何歳からでも記憶力を向上させる機能が備わっていることがわかっています。 脳は、目から飛び込んできた情報や耳からの情報、そのほか五感を通じて 入ってくる刺激は、脳のそれぞれの刺激の担当部位で情報処理され、海馬に送られます。 海馬...
脳のアンチエイジング

脳を若返らせる睡眠のとり方

脳は睡眠中に、記憶の整理を行い、脳神経細胞のつながりを強化したり、 調整していることがわかっています。睡眠時間が短いと老化が早く進みます。 理想の睡眠時間は七時間とされていますが、六時間や五時間でもその人の 体質により適度な時間という...
脳機能

脳にもっとも悪いのはタバコと酒

タバコを吸うと、脳血管に動脈硬化が進行するため、脳血管性認知症や アルツハイマー型認知症が発生します。脳血管の動脈硬化はあらゆる脳機能を 強く阻害しますので、喫煙習慣は認知症への最短コースなのです。 タバコにはカドミウムが含まれて...
アルツハイマー予防

食事の工夫~認知症にならない方法

どうやって認知症を予防していくか。認知症になる人は人とのかかわりが少なかったり、孤独癖が強い傾向がありますが、食事も大きな要素です。認知症の予防には重要なコリンという栄養素が見直されています。コリンというのは、卵や大豆などに含まれているもの...
脳に刺激を与える方法

認知症予防

40歳を過ぎたら、意識して脳に刺激を与えないと、脳機能が低下し、認知症の遠因となります。実際に、人との接触が少ない人ほど、また運動をしない人ほど、認知症を発症するということが研究で確かめられています。認知症の予防には、脳トレも大事です。漢字...
脳のアンチエイジング

認知症予防にはコリンを摂取

認知症の予防にはコリンという栄養素を含む食材が役立ちます。卵黄や大豆に含まれるコリンは、アセチルコリンなどの脳内物質の材料であり、レシチンの材料でもあります。レシチンは動脈硬化を防止して脳機能を高めます。大豆のほか、えんどう豆、玄米、さつま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました