認知症予防にはコリンを摂取

認知症の予防にはコリンという栄養素を含む食材が役立ちます。卵黄や大豆に含まれるコリンは、アセチルコリンなどの脳内物質の材料であり、レシチンの材料でもあります。レシチンは動脈硬化を防止して脳機能を高めます。大豆のほか、えんどう豆、玄米、さつまいもにもコリンが含まれています。脳に良い生活習慣とはどのようなものでしょうか。第一にタバコは吸わないようにしましょう。タバコは動脈硬化を進行させて、脳内に微小脳梗塞を増やして脳血管性認知症を引き起こします。第二に酒を飲み過ぎないことです。アルコールは脳細胞を破壊する作用があります。微量のアルコールでも脳には有害です。第三に朝食は必ずとるようにしましょう。朝の食事は果物ジュースなどでもよいので、軽めのものでもとり、低血糖になるのを防止しましょう。

スポンサーリンク

血糖値の低下は避ける

低血糖状態は脳には有害です。第四に睡眠は7時間とるようにしましょう。睡眠時間帯も重要で午後10時から深夜2時の時間帯は、アンチエイジングに重要な成長ホルモンが分泌されます。この時間帯はできるだけ寝ているようにしましょう。第五に平均して1日9時間以上の労働をしないようにしましょう。長時間の労働は脳に負担をかけてしまいます。第六にスポーツを定期的にするようにしましょう。頻度は週3回、1回30分以上が理想です。毎日の散歩でも良いでしょう。運動量が少ないことは認知症リスクを高めます。

あわせて読みたい関連記事:

タイトルとURLをコピーしました