脳年齢は神経細胞の状態で決まる

大脳は数百億個の神経細胞からできあがっていて、神経細胞は大脳新皮質に特に集中しており、約140億個もの神経細胞が結集しています。神経細胞(ニューロン)には、軸索と樹状突起という触手がついていて、互いに結びつくことで、ネットワークをつくります。軸索から情報を送信して、それを樹状突起が受け取っています。このつなぎ目のことをシナプスといいます。神経細胞同士がつながる場所であるシナプスは、わずかな隙間があります。この隙間のことをシナプス間隙というのですが、この間隙では、神経伝達物質による情報伝達が行われているのです。この隙間は、電気信号は越えることができません。

スポンサーリンク

神経細胞の活性化

神経細胞内では電気信号で瞬時に流れる情報をシナプスでは神経伝達物質により受け渡しするのです。受け取った側は、その化学物質の刺激を再び、電気信号に置き換えて次の細胞まで伝えていきます。この仕組みは生涯を通じて新たに生み出すことができます。海馬では、成人後も脳細胞が新生していることがわかっているのです。こうした脳への適切な刺激とは、手足を動かし、よくしゃべることです。自分のことを自分でこなすという当たり前のことが、脳の老化を防ぐのです。主婦がボケにくいのは、主婦は手作業と会話が活動の基本になるからです。

あわせて読みたい関連記事:

タイトルとURLをコピーしました