アルツハイマー予防

アルツハイマー型認知症にならない方法はいろいろと判明してきています。アルツハイマー予防にDHAがよいということを、京大IPS研究所が発表しました。魚の脂として知られるDHAが、アルツハイマー予防の効果があると、研究結果が出たのです。それまで元気にしていたのに、数年でアルツハイマー型認知症が進行し、日常生活に支障が出てくる人もいます。最初は、身の回りのことができなくなり、やがては時間管理もできず、食生活が乱れ、肺炎や心臓病などのほかの疾患を悪化させて、入院するケースがみられます。そうなると、自立した生活も困難になるので介護サービスを受けることになります。アルツハイマーを予防するには、魚の油、DHAが効果的だとのことですから、健康のために、DHAサプリメントなどを摂取して、認知症を予防することをおすすめします。

スポンサーリンク

DHAの通販

イワシなどの青魚青魚などに多く含まれるのが「ドコサヘキサエン酸(DHA)」です。アルツハイマー病患者の脳内ではアミロイドベータと呼ばれるたんぱく質が蓄積することで、神経細胞が死滅し、認知症が進みます。しかしDHA投与の場合、細胞死の割合は15%で、投与しなかった場合は神経細胞の死滅は、2倍以上の32%だったそうです。もちろんこれはIPS細胞での実験ですが、人間でも同じことが考えられています。DHAは、心臓血管性疾患の予防や脳梗塞の予防にもいいだけではなく、アレルギーを予防する働きもありますので、健康食品として毎日摂取することは理想的な健康法の一つです。

あわせて読みたい関連記事: