金持ち脳と貧乏脳

茂木健一郎さんといえば、脳科学者としてテレビ出演もされている著名人で、年収もかなりのものを稼いでおられる方として知られています。その、茂木健一郎さんが、お金は脳が稼いでいるという視点で、脳の使い方についてまとめた本です。脳のアンチエイジングにつながる話も満載です。お金もちになれるか、なれないかを決めているのは脳の使い方です。普段の何気ない行動の積み重ねで、お金もちになれるかなれないかが決まるのです。そのすべてを操っているのが脳なのです。茂木健一郎さんによれば、お金持ちや成功者に共通する脳の使い方とうのがあるそうです。これを「金持ち脳」と呼んでいます。

スポンサーリンク

金持ちになる脳の使い方

お金もちは皆、これが実践できているのです。その反対に、お金がなかなか貯まらない貧乏な脳の使い方もあります。これが「貧乏脳」です。知らず知らず、貧乏脳になっている人も多いのです。これは脳科学の視点から見た、脳の使い方のマニュアルであり、脳とお金には相関性があって、どのような脳の使い方をするかで、お金持ちになれるかどうかが決まるというのです。豊かになるための脳の使い方の本であり、驚くべき脳とお金のメカニズムを理解することができる本なのです。脳の若返りにもつながる話であるので、アンチエイジングの実現にも役立ちます。

金持ち脳と貧乏脳

あわせて読みたい関連記事:

タイトルとURLをコピーしました