50代から始める脳を若返らせる耳トレ

脳機能は年々衰えるというのは間違った理解です。脳機能を刺激せずに、ルーチンワークだけして生活すると、確かに、脳機能はしだいに衰えていきます。しかし、常に脳に適切な刺激を与えるような生活習慣を維持していけば、脳の若さを保つことができるのです。いかに脳に刺激を与えるかが脳のアンチエイジングの鍵を握っているということです。

耳からの刺激を上手に活用すれば脳機能は高められる

そのためには、耳からの刺激を上手に活用すれば簡単です。この観点からまとめられたさまざまな脳トレーニングがあります。多くは、おおむね40代~50代からはじめればさらに効果的な内容になっています。50代からでも脳機能が向上させられるというのは最新の脳科学の常識になっています。脳神経のシナプスは何歳になっても新たに構築できることや、細胞の新生もあることが次第に明らかになってきているのです。かつては、脳細胞はどんどん死滅すると考えられてきたのですが、それはもはや、間違った考えとなっています。むしろ、脳機能は死ぬまで訓練次第で維持できるし、高められるというのが最新の脳科学の認識なのです。

脳のアンチエイジングは高齢者の健康長寿の鍵を握る

認知症になると、老化は加速します。それは、アンチエイジングのためのあらゆる努力ができなくなってしまうからです。その意味では脳機能を若々しく保つことは、アンチエイジングのためにもっとも大事なことだといえるでしょう。脳機能が高まることは、意欲が高まり、物事への関心が湧いてくるために必須なのです。やる気と関心とは、脳機能から生まれてくるのです。50歳を過ぎたら、脳機能を維持することを真剣に意識して毎日の生活を改善する必要があります。喫煙者はすみやかにタバコをやめるべきです。また過剰なアルコール摂取もすみやかに改める必要があります。タバコと酒は脳の毒です。

脳トレーニングと「耳トレーニング」

脳神経外科教授が50歳を超えても「脳の記憶力」「頭の回転速度」を高めるトレーニングをまとめました。記憶力、判断力、理解力、集中力を高めるには、耳から脳を刺激すれば効果的です。脳トレで最も効果的な方法は耳から脳を鍛えることです。脳機能は、トレーニングすることで、老化防止だけでなく、さらに発達させられます。付属CDで記憶更新トレーニング、数字逆唱トレーニング音声での漢字バラバラトレーニングなどの脳機能改善のトレーニングができるようになっています。こうした教材を使うと、脳トレーニングの基本が理解できますので、日常生活に応用できるようになります。


50代から始める 脳を若返らせる耳トレーニング

あわせて読みたい関連記事:

タイトルとURLをコピーしました