認知症予防

認知症予防

認知機能に関係する老化の原因オステオポンチン

オステオポンチンは骨の形成に関与するタンパク質ですが、認知機能が低下している人では、血液の中に含まれるオステオポンチンの量が多くなっています。老化が進行するほど、オステオポンチンが増えていることが判明し、世界中の研究者が注目しています。認知...
認知症予防

認知症予防の奇跡の成分スペルミジン

認知症予防と長寿に重要な役割を果たしているスペルミジンという成分に注目が集まっています。納豆や味噌、豆類などに含まれ、学習機能や記憶力を高めるという内容が、「オートファジー」という学術雑誌などにも研究成果が報告されている脳アンチエイジング成...
認知症予防

筋肉から出るマイオカインが認知症を予防

骨格筋を鍛えることで分泌されるさまざまなホルモン類似物質の総称マイオカイン。筋肉を鍛えると、その分泌が増えて、認知機能を改善させたり、アルツハイマー病を予防したり、うつ病やストレスの緩和にも有益であることがわかってきています。 ...
認知症予防

認知症予防には脳にとって危険な油を避ける

マーガリン、ショートニング、ファットスプレッドの有害性についてご存知ですか? パンにマーガリンをつけて食べている人はすぐにやめたほうがよいです。 マーガリンにはトランス脂肪酸という有害な油が含まれているからです。 ショートニングに関し...
認知症予防

卵黄のコリンやレシチンは認知症予防に有益

脳の若返りや認知症予防には、食材を工夫することも大事なことです。 卵黄にはレシチン、コリンといった認知症予防に有益な栄養素が 豊富に含まれています。卵黄レシチンは、脳の機能を高めるとの 研究が古くからおこなわれています。鶏卵、うずら卵...
認知症予防

高血圧は認知症になりやすい

血圧が高めの人は動脈硬化が進行しやすいので脳血管性認知症になるリスクが高いです。動脈硬化が進むと、いわゆる「かくれ脳梗塞」が脳に40代からでき始めます。医学的にはラクナ脳梗塞(微小脳梗塞)といわれている、無症状の極小サイズの脳梗塞です。テレ...
スポンサーリンク