脳に刺激を与える音読とココナッツオイル

脳のアンチエイジングには脳に刺激を与えることが重要です。読書とりわけ音読は脳を活性化します。多くの人とのコミュニケーションも認知症予防につながります。かつて脂質異常は脳血管障害になりやすいとされ、食事からのコレステロールの摂取には注意が必要といわれていましたが、この学説は否定され、アメリカなどでは食事におけるコレステロールの制限は一切不要となりました。つまり、ココナッツオイルなども自由に摂取していいのです。

ココナッツオイルはコレステロール値を上げない

ココナッツオイルはコレステロールが高い人は控えたほうがいいという専門家もいたのですが、今後は、総コレステロール値にかかわらず、ココナッツオイルを摂取できるということです。アンチエイジングの観点から、脳トレーニングだけではなく、ココナッツオイルやフラックスオイルも摂取するほうが認知症の予防には効果的です。そして、毎日歩くようにすれば、記憶力をつかさどる脳に刺激を与える方法としては最適です。フラックスオイルの効果は認知症の予防だけではなく、アンチエイジングすべてに効果があります。

ココナッツオイルとフラックスオイル

50代より以降でも脳活性化はできます。LDLコレステロールの基準値も過去の厳しい基準は必要ないとの見方がアメリカを中心に最先端の医学の分野で出されているので、ココナッツオイルを認知症の予防に摂取することはいっそう気軽にできるようになりました。これまでは、ココナッツオイルはコレステロールが正常でないと安心して摂取できなかったのですが、もう気にしないくてもいいといえそうです。脳を40歳からでも若返らせるには、ココナッツオイルとフラックスオイルを摂取して、アンチエイジングを心がけましょう。

豆乳ヨーグルトにココナッツオイルを入れる

豆乳ヨーグルトにココナッツオイルを加えるのは良い方法です。豆乳ヨーグルトは、大豆のもつ認知症予防成分も同時に摂ることができるのでおすすめです。ひきわり納豆にはスペルミジンという認知症予防の成分が豊富です。ウコンのクルクミンもアルツハイマー予防に効果があるということがわかっているので、アンチエイジングのためカレーを食べましょう。脳のアンチエイジングには、脳を健やかにする食材の工夫と、音読など脳トレを組み合わせることが最善の方法です。これに運動を追加すれば万全です。運動は脳の若返りに必須です。筋肉を鍛えることが脳機能の若返りには有益なのです。

あわせて読みたい関連記事: